はじめての仏壇選び

購入する時期は?

お仏壇は、いつでも買うことができます。
六曜も基本的には仏教とは関係ありませんので、気にすることはありません(それでも仏滅は避ける方が多いようです)。
一般的には、ご不幸があった後、四十九日までにお仏壇を揃える方が多いのですが、これも無理に法要に合わせる必要はありません。
一周忌を目処に揃えるという方も多くいらっしゃいます。

お仏壇の基本セットについて

「最小限」で考えると、まずは手を合わせる対象となる「ご本尊」または「お位牌(法名軸・過去帳)」が必要です。
お参りの行為としては、「香灯華」と呼ばれるお花を供え、ローソクを灯し、お香(お線香)を差し上げればよいでしょう。
もしお写真が必要ならば、それがあなたにとっての「最小限必要なもの」になるかもしれません。
あなたの思う「マイ仏壇」を目指すのはいかがでしょうか。

仏具の付いたお得なセット

仏具セットでご購入(位牌は含みません)

定価 426,000円(税別)
380,000円(税別)

お仏壇のみのご購入

本体のみのご購入

330,000円(税別)

選べるカラー

選べるスタイル

  • スタイル01
  • スタイル02
  • スタイル03
  • スタイル04
  • スタイル05
  • スタイル06

お仏壇用語の説明

01 ご本尊(ごほんぞん)
手を合わせる対象として祀られている仏像や掛け軸、曼荼羅のこと。
02 お位牌(おいはい)
亡くなられた方の戒名や法名、法号などを記した木の板で、故人の依り代になるものと考えられています。
03 法名軸(ほうみょうじく)
浄土真宗で用いられる死亡年月日や法名を記した掛軸。
04 過去帳(かこちょう)
先祖代々の故人の戒名や法号、法名、俗名、死亡年月日、享年などを記しておく帳面。
05 香炉(こうろ)
線香や抹香を焚くための炉。
06 ローソク立て(ろうそくたて)/火立(ひたて)/燭台(しょくだい)
ローソクを立てる台です。1台、または2台を対で置きます。
07 花立(はなたて)
お花を供えるための花瓶。一つ、または一対で置きます。
08 仏飯器(ぶっぱんき)/仏器(ぶっき)
ご飯をお供えする器。お茶わんです。
09 茶湯器(ちゃとうき・さとうき)
お茶やお水をお供えする器。お湯飲みです。茶湯器
10 高坏(たかつき)
お菓子や果物をお供えする際に使う供物台です。
11 供花(くげ)/供華(くげ)
浄土真宗で用いられる供物台です。六角と八角があり、六角は西本願寺用、八角は東本願寺用です。
12 お鈴/お錀(おりん)
お参りや読経の際に鳴らす仏具。
13 灯篭/灯籠(とうろう)
仏壇の中のお位牌やご本尊を照らすための照明。現在は電球やLEDが主流です。置き型と吊り型があります。
14 瓔珞(ようらく)
インド貴族の装身具だったものが、お仏壇の荘厳具として使われるようになったもの。お仏壇の装飾品です。
15 打敷(うちしき)
仏像の前に置かれている卓の天板に敷く布。仏壇の装飾品である荘厳具のひとつ。
16 前卓(まえじょく)
香炉、ローソク立て、花立からなる三具足や五具足を置く卓。
17 輪灯(りんとう)
仏壇お天井から左右一対で吊るす灯明供養具のひとつ。浄土真宗系で多く使われている。

おすすめ商品

ページトップへ